警備員の志望動機

一口に警備員の仕事といっても、施設警備員、交通誘導警備員や雑踏警備員、輸送警備員、身辺警備員といろいろな内容に分かれます。警備員の仕事では、体力などがあるとアピールになりますが、特に求められないこともあります。資格も特に必要なく、未経験でもOKなことが多く、警備内容によってはリタイア後でも働くことができたりします。また、男性はもちろん、最近では女性の警備員も多く活躍しています。

例文3

私が、こちらの求人に応募したのは、銀行や要人の警備があるという点です。幼い頃から柔道で身体を鍛えており、いざという時に守る力が十分備わっております。眼光が鋭く、危険な人物を寄せ付にくい外見でもありますので、その場にいるだけで周囲が安心できるのではないか、とも考えます。近寄りがたいと思われがちですが、中身は穏やかで従順な性格のため、頼って頂けると思います。分からないことは勉強して参りますので、よろしくご指導願います。

例文の構成(志望動機の書き方)

警備内容を重視 → スポーツ経験 → 強面が活かせる → 意欲

スポンサーリンク


警備員の仕事以外でもお金は稼げる!