警備員の志望動機

一口に警備員の仕事といっても、施設警備員、交通誘導警備員や雑踏警備員、輸送警備員、身辺警備員といろいろな内容に分かれます。警備員の仕事では、体力などがあるとアピールになりますが、特に求められないこともあります。資格も特に必要なく、未経験でもOKなことが多く、警備内容によってはリタイア後でも働くことができたりします。また、男性はもちろん、最近では女性の警備員も多く活躍しています。

例文5

私は学生時代に、短期間ですが警備のアルバイトをしておりました。夏休みだけの仕事でしたが、自分の力で周囲の安全を守っている、という気持ちが芽生え、精神的にも大きく成長できました。その当時からもっと本腰を入れて働いてみたい、という気持ちがあり、こちらの募集に応募させて頂きました。短い期間ですが、教えていただいた警備の基礎はまだ頭の中に残っております。経験を生かし、より頼られる警備員を目指していきたいと思っています。

例文の構成(志望動機の書き方)

警備業務経験あり → 警備の仕事で得たもの → 応募 → 意欲

スポンサーリンク


警備員の仕事以外でもお金は稼げる!