警備員の志望動機

一口に警備員の仕事といっても、施設警備員、交通誘導警備員や雑踏警備員、輸送警備員、身辺警備員といろいろな内容に分かれます。警備員の仕事では、体力などがあるとアピールになりますが、特に求められないこともあります。資格も特に必要なく、未経験でもOKなことが多く、警備内容によってはリタイア後でも働くことができたりします。また、男性はもちろん、最近では女性の警備員も多く活躍しています。

例文8

自宅から近い商業施設での警備員募集を拝見し、応募させて頂きました。徒歩圏内での仕事を探していたことと、警備の経験があったため、是非活躍させて頂きたいと、面接を申し込みました。採用頂けた場合は、専属で毎日勤務することが可能です。自転車で通勤できるため、電車の走っていない朝早くや夜遅くの時間でも問題ございません。この商業施設は、昔から利用しており、愛着のある場所です。警備を通して地域貢献したいと思いますので、よろしくご検討ください。

例文の構成(志望動機の書き方)

自宅近く → 警備経験あり → 専属可能アピール → 早朝深夜OK → なじみがあり地域に貢献したい → 意欲

スポンサーリンク


警備員の仕事以外でもお金は稼げる!