最もハードルの低い副業「せどり」

副業に興味のある方であれば、「せどり」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

せどりとは、中古の本、CD・DVD、ゲームソフトやを何らかの理由で低価格になった商品を購入して、購入時とは異なるルートでより高く売って、利益を得ることをいいます。せどりは、あらゆる副業の中でも、とりわけハードルが低く、特別な知識や経験を必要とせずに、誰でも手軽にできます。

せどりは、アルバイトやパートと違って、自分の好きな時に、好きなだけできるので、とても自由度の高い副業です。社会人からフリーター、主婦の方まで、幅広い人がせどりに取り組んでいます。

せどりは簡単でリスクも低い

せどりは、現状、お小遣い稼ぎ程度の個人レベル(雑収入扱い)で行う分には、特に資格が必要ではないと考えられています。(事業収入となるようなレベルで行うと古物商などの許可が必要になると考えるのが妥当だと思われます)。

今では、ネットでも、実地でも、中古屋などはそこかしこにあるので、せどりとして売る商品を仕入れる分には、困ることもないでしょう。

また、今までは個人がどうやって売るのかというのが大きな壁でしたが、今やネットオークションやフリマアプリなどを使って、誰でも簡単にモノを売ることができるようになりました。

もし、せどり規模を大きくするのなら、アマゾンや楽天などのオンライン市場に出店するのも一手です。

また、せどりはお小遣い稼ぎ程度に行うのであれば、リスクはさほど大きくありません。一般的な物販と違って、数百円から仕入れを始めることができるため、売れ残りのリスクがとても小さいのです。

もちろん大々的に仕入れれば、相応にリスクは高まりますが、そのあたりの細かいコントロールが効くというのが、せどりの利点と言えるかもしれません。

誰でも簡単に始められて、リスクも小さい。そんなことから、せどりを副業とする人はとても多くいます。

せどりで稼ぐためのポイント

せどりで稼ぐためには、「安く仕入れて、高く売る」というのが大前提になります。

まず、安く仕入れるには、お得な品が手に入る仕入先(中古品屋、リサイクルショップ、骨董店など)をいくつか確保することになります。もし、近所にこのような個人経営のお店があるのなら、ぜひともチェックしておきたいところです。なぜなら、大手のチェーン店などは、何がどれぐらいの値段で売られるか把握している場合が多く(掘り出し物が少ない)、一方で個人経営の店なら価値を把握していない場合がある(掘り出し物が多い)からです。

そして、次に高く売る方法ですが、今ではやはりネットを使うのが最も賢い方法でしょう。オークションサイトやフリマアプリなどに登録すれば、手軽に全国に向けて販売することができます。

しかし、おそらく仕入れたモノをそのままの形で再販していたのでは、なかなか利益は出ないと考えられます。そこで必要なのが「いかにして付加価値をつけるか」となります。

例えば、最もオーソドックスな手段が、セット販売です。いくつかの商品を組み合わせたり、特典のようなグッズをあわせたりすることで付加価値が生まれ、相対的に高値で売ることができる可能性が高まります。例えば、映画のDVDを売ってもなかなか高値で売れませんが、上映当時の映画パンフレットやポスターが付いていれば注目が集まります。

 

せどりは、副業として、簡単でハードルが低いことが特徴かもしれませんが、せどりを通じて「商売をしている」感覚が味わえます。いかにして「安く仕入れて高く売る」か、という経営的な思考を鍛えることができますので、お小遣いを稼ぐのにはもちろん、社会経験として大きな意味があると考えて取り組んでみると、結構楽しく感じると思います。


就職しなくてもお金は稼げる!

スポンサーリンク