保育園の連絡帳に書くことがない時の例文

保育園に提出する連絡帳は、とにかく毎日書かなければならないため、「連絡帳に書くことがない!」と、ネタ切れになることが多々あります。保育園から帰宅してから、翌日登園するまでの間に、そんなに毎日変わったことがあるわけではないので、むしろ書くことがなくなる方が当たりまえかもしれません。

そこで、保育園の連絡帳に書くことがなくなった場合に参考になる例文を多数掲載しました。例文を参考に書き直していただいてもOKですし、そのまま書き写していただいてもOK。

基本的には、保育園から帰宅後または休日での家庭における子どもの様子を中心に例文を揃えました。ぜひ、毎日の連絡帳にご活用ください。

例文15

保育園まで歩いていく途中、毎日踏切で電車を見るのが日課です。「電車を見るよ」と声をかけると、急いで来てくれるため、生活習慣が整ってきたように感じています。たまにしか見られない工事用車両が通ると、その日は一日機嫌が良いほど、大好きなようです。先日買い物に行った際には、園にある木製レールのおもちゃを指さして「これ知ってる!」と嬉しそうでした。寒い時期に電車を待っているのは少し辛いですが、飽きるまで付き合おうと思います。

例文の構成(保育園連絡帳の書き方)

電車好き → 子育てに電車を活用 → 子どもの様子 → 子どもに付きあう

スポンサーリンク


共働きでも苦しい!今おすすめの副業&在宅の仕事